15102218-00

スタンダードビーフカレー【倍の玉ねぎが溶けてなくなる】

普通のカレーを圧力鍋で普通に作っても、普通にうまい。

普通のビーフカレーを、玉ねぎを普段の倍の量入れて煮込む。

圧力鍋なら、たくさんの玉ねぎも一気に溶ける。そうなると辛い中にも甘さがあるのだ。

スタンダードビーフカレー:材料

  • 牛肉:500g
  • 玉ねぎ:倍の量(今回は6個)
  • ニンジン:1本
  • ニンニク・しょうが:適量
  • 水:必要量
  • 油:50ml
  • 塩コショウ:適量

スタンダードビーフカレー:下準備

ニンニク・しょうがをみじん切り。

玉ねぎ大きめみじん切り。玉ねぎを全溶かししたくない場合は大きめに切る。

牛肉は塩コショウしておく。

スタンダードビーフカレー:作り方

圧力鍋に火をかけ、油をいれる。

玉ねぎ、ニンニク、ショウガを炒める。

水を規定量いれる。

蓋をして強火。強火で煮る。おもりが振れ始めたら、弱火にして約10分。火を止める。

牛肉はフライパンで別に焼いておこう。

蓋を開け牛肉を投入。

蓋をして強火。強火で煮る。おもりが振れ始めたら、弱火にして約5分。火を止める。

ニンジンを投入して3分ゆでる。

火を止めて、3分ほどしたらカレールーを投入。火をつけずに溶かす。

完全にカレールーが溶けたら、とろ火で10分ほど火を通す。

大量の玉ねぎが、すべてとろけました。跡形もなくカレースープと融合。

煮込んだ牛肉もほろほろになる圧力鍋。

普通の鍋で煮込むのと、同じくらいの時間で、大量の玉ねぎもとろけるのです。

玉ねぎを残したい場合、大きめに切るとよいでしょう。

ジャガイモ入れる場合はニンジンと一緒に投入をして、圧力をかけずに煮込むとOK。

週末はこんなカレーをひと鍋用意しておくと、みんな笑顔です。

ぜひやってみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ圧力鍋レシピ

  1. 15100118-00
    圧力鍋を買って、いの一番に作るのが、このチャーシューではないだろうか。たぶんだが、アンケート取れ…
  2. 15101518-00
    アレだ。女性はイタリアン好きだよね。つーわけで、ちょっと今日は(お手軽に)イタリアンで行くぜ。と…
  3. 15111919-00
    やっぱりブリ大根だよな。11月とかになって、だんだん寒くなってくると、食べたくなるのがブリ大根。異論…
  4. IMGP0132
    真アジのいいのがあった。長崎からわざわざ埼玉に来たようだ。こんな立派なアジが1尾100円。刺身用…
  5. 15112618-00
    国産の牛すじがあった。けっこう、この手の臓物系やすじ、テール、すねとかの肉って置いてあるところ少…

年別アーカイブ

PAGE TOP